診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

腎臓内科

基本情報

当科は高血圧や蛋白尿・血尿を特徴とする慢性糸球体腎炎から、糖尿病性腎症・腎硬化症・多発性嚢胞腎など種々の疾患が原因の慢性腎臓病(CKD)まで幅広く診療を行っています。末期腎不全に至った場合は血液透析導入を行なっています。透析に至るまでに、カルシウム・リンを含めた骨代謝や血圧・貧血のコントロールなどきめ細かな治療により、透析導入までの期間を延期させることも期待できます。腎機能低下症例や蛋白尿・血尿が続く症例、難治性高血圧症例は円滑な病診連携を図りながら併診させていただきますのでご紹介下さい。血液浄化療法室では通常の入院および外来血液透析に加えて、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎など)を対象に顆粒球吸着療法を行っている他、難治性腹水に対する腹水濾過濃縮再静注法(CART)も実施しています。

研究について

当院で実施している研究について

詳細は研究名をクリックしてご参照ください。

嚢胞性腎疾患患者に関する研究[213kB]

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。