診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

放射線科からのお知らせ

放射線治療

血管撮影装置新規導入について

東京品川病院では、新たに血管撮影装置(Canon社製 INFX-8000V)を導入しました。

これにより当院は最新型血管撮影装置が2台となり、今まで以上に診断・治療までが円滑に行える最適な環境が整いました。

血管撮影装置とは、足の付け根や手首の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、造影剤を注入して血管の走行や血流状態を撮影する装置です。

当院の血管撮影装置は、2台共にバイプレーン装置(2つのX線管球が採用されていて同時に2方向からの観察・撮影が可能)で、高精細検出器や高機能デジタル画像処理を備えており、細かな血管や病変部が高精細に見えることから効率よく手技が行え、またⅩ線被ばく線量の低減、検査・手術時間の短縮が可能となっております。

急性期医療を担う地域の中核病院として、24時間365日、急性心筋梗塞や脳梗塞超急性期などの治療の際に大きな力を発揮すると考えております。

これからも地域の皆様に安全で質の高い医療を提供できるよう心がけてまいります。

消化器内科医師募集

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。