人間ドック TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

センター長あいさつ

  • 笹栗 志朗
    センター長 笹栗 志朗
  • ごあいさつ

    • わたくしは長らく、心臓外科医として手術を通じ患者さんを治すことを柱に努めてまいりました。そうして患者さんと接する中で、生活習慣病が元で心臓や血管の病気を引き起こしている方が多いことに驚きを禁じ得ませんでした。もし人間ドックを通じて、早期発見ができていたら大病を患わずに済んだと思える症例もたくさん診てきました。

      そのような思いの中、総合健診センター長に就任しました。人間ドックは、がんの早期発見と生活習慣病の予防が最大の目標と言えます。がんは早期発見で治るという時代になり、生活習慣病の予防がQOLにつながる時代となりました。そのためには定期的な人間ドックの受診がとても重要なのです。

      また当院は2018年4月より新体制となりました。快適で待ち時間の少ない、精度の高い検査を受けたいというのがお客様の希望であるかと思います。その実現に向けてスタッフ一同取り組んでいます。そして何より、お客様の健康維持の一助となれるように努めたいと考えています。

      みなさまのご利用をこころよりお待ち申し上げております。

      総合健診センター
      センター長 笹栗 志朗

    主な経歴

    • 昭和53年3月東京医科歯科大学卒業
    • 昭和53年3月東京医科歯科大学医学部卒業
    • 昭和53年5月三井記念病院外科医員
    • 昭和57年4月三井記念病院外科チーフレジデント
    • 昭和58年4月米国ハーバード大学外科研究員(マサチュウセッツ総合病院勤務)
    • 昭和59年7月東京医科歯科大学胸部外科 医員
    • 昭和60年7月東京都立広尾病院心臓血管外科 主事
    • 昭和62年4月東京医科歯科大学 医学部手術部助手
    • 平成1年4月東京医科歯科大学 胸部外科医員
    • 平成1年6月順天堂大学 胸部外科助手
    • 平成4年4月順天堂大学 胸部外科講師
    • 平成7年5月順天堂大学 胸部外科助教授
    • 平成11年4月高知医科大学第2外科学教授
    • 平成15年10月高知大学医学部呼吸循環再生外科学教授(大学統合による転任)
    • 平成18年4月高知大学医学部外科学教授(講座再編による名称変更)
    • 平成22年8月高知大学 退職 名誉教授 授与
    • 平成22年9月医療法人財団 健貢会 総合東京病院 病院長
    • 平成24年9月川崎幸病院 副院長
    • 平成25年11月川崎幸病院 病院長
    • 平成30年4月医療法人社団緑野会 東京品川病院 健診センター センター長就任

    現在に至る

    資格

    • 昭和53年6月医師免許
    • 平成2年10月医学博士

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。