診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

医療福祉相談室

基本情報

病気は単に身体的な問題だけでなく、さまざまな問題を引き起こします。医学的に見た治療が終了したとしても、後遺症や身体状況の変化に伴い以前とまったく同じ生活をすることが難しい場合も多くあります。
当相談室は、この様な病気が引き起こす社会的な問題に対し、色々な福祉サービス等の手段を提案することにより、問題の解決をお手伝いし、安心して医療を受けつづけていただくことができるようにする事を目的としています。
「退院後の生活が不安」「自宅への退院は難しい」「医療費の支払いが心配」等、「これはどうしたらよいのか」「どこに聞けば良いのか」などのご相談を受け付けております。
皆さんが安心して医療を継続し、社会的にも問題のない日々をお送りいただけるよう努力致しております。何かご不安なことや、疑問に思われること、お困りのことがありましたら気軽にお声をおかけ下さい。

ご相談内容として多いものは

  • 「介護保険ってどうやってうけるの」
  • 「障害が残って自宅への退院が難しい、転院先はないだろうか」
  • 「障害が残ったまま自宅へ退院となるので、自宅で使えるサービスはあるか」
  • 「医療費の支払いが不安である、何か方法はあるか」
  • 「今後の生活費の問題が不安である、何か方法はあるか」
  • 「身体障害者手帳ってどうやってとるの」
  • 「難病の申請って何ですか」

等になっております。

もちろん、これ以外のご相談も受けております。どこに聞いたらいいかと迷われたとき、気軽にご相談いただければ幸いです。
ご相談の受付は病院の職員にお声をおかけいただくか、直接お電話いただければ、その場でお答えできることはお答え致しますし、時間がかかるような問題の場合、ご予約をお取りいただいております。よろしくお願い致します。

スタッフ構成

  • ソーシャルワーカー
    平林 朋子

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。