診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

診療情報管理室

基本情報

診療録(診療情報)管理

当院では2014年7月より電子カルテを導入しました。紙カルテである診療録同様、患者さんの病状、治療・看護の経過や検査結果、今後の治療方針や説明の内容などたくさんの情報が含まれています。電子カルテ導入によって医師、看護師をはじめとする医療スタッフの記録を医療従事者全てにおいて情報を共有することができ、より迅速な医療サービスの提供が可能となりました。
診療録(診療情報)は患者さんの診療・診断に役立ち、また患者さんへの情報開示や地域医療機関の先生方と連携を図るための情報提供資料としても重要です。さらに、今後の治療のための研究資料や医療スタッフを育成するための教育資料、公的機関からの調査依頼に対応するための資料等、利用する目的は多岐にわたります。このように価値のある「診療録(診療情報)」を診療情報管理士が中心となって管理を行っております。

診療情報管理室の業務

診療情報の管理

電子カルテ導入後も紙カルテ時代と変わらず、電子カルテ内の文書・記録について点検を行い、診療情報の価値を担保できるものとなるよう精度向上を図っております。
電子カルテから患者さんの入退院時情報や主要な診断名、手術情報等を抽出、分類を行い、データベース化して各種検索や統計資料に対応できるようにしております。また、2010年1月から日本における5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、乳腺)について院内がん登録を行い、2014年10月からは全部位について登録を開始しました。これらの蓄積データを集計分析したものを病院運営の資料やより良い診療を行うための指標として、有効活用できるような情報提供を目指しております。
また、2016年1月に施行されました「がん登録推進法」に基づき、全国がん登録の届出業務を行っております。登録業務にあたっては個人情報保護に細心の注意を払って行っております。

疾病統計
2011年から2015年の退院患者数・平均在院日数の推移,国際疾病分類大分類における疾病統計の経年変化
院内がん登録集計結果
診療録の保管管理

電子カルテ導入以前の入院診療録については、従来どおり診療や医学研究、開示等に備え法令等に基づいた、院内規定で保管管理につとめております。

その他業務
  1. 「退院時要約」の早期作成推進と管理
  2. DPC情報とカルテ情報の検証
  3. 各種統計作成
  4. 電子カルテ内文書の申請窓口
  5. 新任医師へ診療録記載に関するオリエンテーション
  6. 退職医師の個人情報利用申請受付及び対応窓口
  7. JND支援業務
  8. DPCデータ提出

目標等

今後の目標
  1. 個人情報保護法ガイドラインに則して個人情報の紛失防止につとめ、安全に配慮した管理を行います。
  2. 電子カルテの点検及び記載指導につとめ、正確で内容の充実した記録となるようサポートします。
  3. 診療情報を基に作成する疾病統計や、院内がん登録から得られた情報などを集計分析し、患者さんのニーズに応える病院となるための運営資料の提供、また、医療従事者が必要とする統計資料の提供を目指します。
  4. 患者さんと医療従事者のコミュニケーションをよりよくする情報ツールとして、説明書や同意書などの文書類を整備していきます。

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。