診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

高気圧酸素治療室

基本情報

はじめに

2005年12月より稼働している高気圧酸素治療は、現在のところ、スポーツ整形を中心に皮膚科、耳鼻科領域で患者さんの治療に利用されています。当院の設備は1.3気圧までしか上げられない個人用と比較して2.8気圧まで上げられる点や安全性の面でも能力的にも数段勝っています。
全国的にもこの高気圧酸素治療室を持つ病院はわずかで、利用できる機会の少ない治療方法です。

治療装置

多人数用装置(第II種)で、最大8人まで入室可能です。加圧方法は、装置内を空気で加圧する空気加圧方法です。また、酸素をより多く摂取する手段として、高気圧下で高濃度酸素マスクを使用し酸素を吸入する方法を採用しています。

治療装置

治療の原理

血液は身体の隅々まで酸素を運搬する重要な役割を担っています。吸入する酸素の圧をあげることによって、障害のある組織へ送る酸素量を増し、炎症を改善するとともに障害の修復を促進することができます。

治療の原理

治療内容
  • 治療方法は2通り

    当院では、加圧の設定を2.8気圧2.0気圧とする二種類の方法をとっています。

    • 2.8気圧のコースは主として整形外科領域(スポーツ整形も含めて)の疾患を対象とし、所要時間は約120分です。
    • 2.0気圧のコースは難治性皮膚潰瘍、骨髄炎、突発性難聴などが主な対象で、所要時間は約90分です。
  • どんな病気に効くか
    1. 救急的疾患
      急性および間欠型一酸化炭素中毒これに準ずる中毒症、ガス壊疽などの重症感染症、急性脳浮腫、急性骨髄障害、急性動脈・静脈血行障害、急性心筋梗塞、重症外傷性挫滅創(コンパートメント症候群・重症外傷性循環障害)、重症空気塞栓症、腸閉塞 [38KB]、重症熱傷および凍傷、網膜動脈閉塞症、重症の低酸素性脳機能障害、減圧症(潜水病)
    2. 非救急的疾患
      遷延性一酸化炭素中毒、難治性潰瘍および浮腫を伴う末梢循環障害、皮膚移植後の虚血皮弁、突発性難聴、慢性難治性骨髄炎、重症頭部外傷または脳血管障害後などの運動麻痺および知覚麻痺、難治性骨髄・神経疾患、放射線治療または抗がん剤治療と併用される悪性腫瘍、熱傷および凍傷
      (減圧症治療は専門医不在のため当院では行っていません。)
      健康保険の適応はありませんが、次の病態に効果があることが確認されています。
      • 外傷(打撲、捻挫、骨折など)の治癒促進
      • 手術後の創部の治癒促進

      ≪当院では、スポーツ整形外科の患者さんからのご希望が多く、特にこの方面に力をいれています≫

  • 副作用としては

    頻度が多い副作用は気圧が高いことによる外傷(内耳や中耳、肺の損傷)です。内耳や中耳の外傷は“耳抜き”ができない場合に起こります。“耳抜き”とは睡を飲み込んだりする動作により内耳・中耳と外界を同気圧にする方法です。
    これができないと本治療が困難なことがあります。他には酸素過多による酸素中毒がありますが、この予防策として治療中の酸素吸入を調整しています。また、閉所恐怖症の方には難しい場合があります。

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。