診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

内視鏡部


  • 主任今村 倫敦

基本情報

はじめに

東京品川病院内視鏡室では、健診内視鏡から精密検査のための内視鏡、ポリープ切除や癌治療のための内視鏡、吐血や下血時の緊急内視鏡、胆管結石除去等の治療的ERCP(逆行的胆管膵管造影)、気管支鏡、小腸カプセル内視鏡など幅広い内視鏡検査・治療に対応しています。特に、癌治療においては内視鏡的に食道・胃・十二指腸・大腸の早期癌に対して積極的に治療を行っており、緊急内視鏡においては憩室出血に対して新しい治療法である結紮バンドを用いた止血法を導入しています。
設備としては、最新の内視鏡装置を全ての内視鏡室に完備し、オリンパスのCMでよく耳にするNBI観察技術を用いて早期癌の発見や治療に役立てています。
さらに、内視鏡技師資格を持つスタッフの配置により、的確な介助、機器や物品の管理、内視鏡スコープの洗浄消毒等に対し万全の体制を整えています。内視鏡検査で何かお困りの際は、内視鏡室スタッフに遠慮なくお尋ねください。

内視鏡担当医一覧

  
内視鏡担当医一覧
担当医一覧
 
(第1・3)
午前- - 石井 石井 石井 石井
羽田 小川 湯川 赤須
福士 内田 藤田 山本 吉峰
真次
午後 石井 村瀬 石井
井石 羽田 藤田 湯川
白鳥 赤須
真次

午前は上部消化管内視鏡検査・午後は大腸内視鏡が主体
治療内視鏡は木曜日が主体、緊急内視鏡は24時間365日対応

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。