診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

手術部

  • 桑木 晋
    部長桑木 晋

基本情報

全科あわせて年間約2,500件の手術を行っています。これらの手術が安全かつ円滑に行われるように、術前に綿密な全身チェックを心がけ、術中はモニター機器を活用して緊急事態に対応すべく万全の体制を敷いています。麻酔科医は全て日本麻酔科学会専門医の有資格者です。手術の前日に診察をしながら麻酔についての説明を行っています。また、手術を直接担当する看護師があらかじめ病室を訪問して、術前の打ち合わせを行うだけでなく、患者さんの疑問や不安にも答えられるよう努めています。

当科の取り組みと治療成績など

  • 最先端の医療機器を備え、患者さんが安心して手術を受けられるような環境を提供しています。
  • 担当看護師が術前訪問を行い、手術を受けられる患者さんの不安や恐怖がなくなるよう努力しています。

手術部とはこんなところです

手術部にどんなイメージをお持ちですか?
手術部の様子をご紹介します。

手術部に入ってから出るまで
  1. 手術部への入室①

    1.手術部への入室①

    ここが手術部の入り口です。
    病棟の看護師と一緒に入ります。

  2. 手術部への入室②

    2.手術部への入室②

    担当の看護師がお迎えします。
    誤認防止のためネームバンドでお名前を確認しています。

  3. 手術室への移動

    3.手術室への移動

    歩行または、ベッドで手術室へ向かいます。

  4. 手術室に入室

    4.手術室に入室

    6つの手術室があります。

  5. 手術準備

    5.手術準備

    主治医、麻酔医、看護師がいっしょに、お名前、手術名、部位の確認をします。心電図、血圧計などのモニターをつけて手術の準備をします。

  6. 手術

    6.手術

    手術中の様子です。

  7. 手術終了~退室

    7.手術終了~退室

    手術室専用ベッドから病棟のベッドに移り、病棟に戻ります。

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。