診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

むくみとリンパ浮腫の外来

その他のむくみ

その他のむくみ

廃用性浮腫

いわゆる下肢の運動不足に伴う浮腫です。特に下肢ではふくらはぎの筋肉がしっかりと動くことで、静脈やリンパ管がもみ上げられます。血液やリンパの流れを促す働きがあり「筋ポンプ作用」と呼ばれています。下肢の手術や捻挫などを患いふくらはぎの運動量が減少すると、この筋ポンプ作用がうまく働かなくなり、足やふくらはぎに生じるむくみを廃用性浮腫と言います。弾性ストッキングや弾性包帯による圧迫療法により、浮腫が改善し歩きやすくなります。

両下肢廃用性浮腫

内科的な病気による浮腫

心不全や腎機能障害、肝機能低下、甲状腺疾患、がんなどの内臓疾患が原因で浮腫が起こることもあります。血液検査や画像検査によって原因を調べることが重要です。浮腫への対処方法をご説明するとともに、当院の専門外来にご案内します。


PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。