診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

むくみとリンパ浮腫の外来

静脈疾患

静脈疾患

下肢静脈瘤

体の隅々に届いた血液が心臓に戻るための血管が静脈です。脚の静脈は骨のすぐそばを通る深部静脈と皮膚のすぐ下を通る表在静脈(大伏在静脈、小伏在静脈)に大きく分けられます。血液が下から上向きに流れるため重力による逆流が起こりやすいので、これを防ぐために静脈の中には逆流防止弁がついています。下肢静脈瘤ではこの弁が機能しなくなって血液が逆流し、うっ血による様々な症状が出現します。ボコボコとした下肢の血管(静脈)の拡張、膝下の重だるさやこむら返り、むくみ、湿疹やかゆみ等を伴うようになります。重症になると色素沈着や潰瘍(きず)形成も起こり、治癒するまでに数年を要することがあります。体質的に弁が壊れやすい方もいますが、長時間立位の仕事や出産経験、肥満などが誘因になるとも言われています。

右下肢静脈瘤

  • 「保存治療=圧迫療法」
  • 弾性ストッキングや弾性包帯などで下肢を圧迫することにより、血液の逆流やうっ滞が軽減されると重だるさやこむら返り、むくみなどのうっ血による症状が速やかに改善します。立位や座位になる日中に着用するのが基本で、素材や厚みなど様々な種類があります。症状や目的により必要とされる圧力が異なり、サイズも適切なものを選ぶことが重要です。うっ血症状はすぐに改善しますが下肢静脈瘤そのものが治るわけではありませんので、圧迫の継続が必要となります。

  • 「外科治療」
  • 弁が壊れた静脈への血液逆流を防止する根本的な治療方法です。

    ① 血管内焼灼術
    表在で逆流のメインルートになる大伏在静脈や小伏在静脈の中にカテーテルを挿入し、その先端部分から高周波電流を発生させて血管の内部から焼いて塞ぐ新しい治療方法です。局所麻酔でおこないますので日帰りでの手術が可能です。(詳しくは当院ホームページ内:血管外科の静脈疾患をご覧ください)

    ② ストリッピング術
    従来からある悪い静脈を引き抜く方法です。大伏在静脈や小伏在静脈が大きく拡張していたり、蛇行が強かったり、再発例や重症例などに選択することがあります。

    ③ 硬化療法
    薬剤(硬化剤)を静脈の中に注射し血管の内部に炎症を起こして塞ぐことにより、静脈瘤を目立たなくする方法です。比較的小さな静脈瘤が対象となります。

    深部静脈血栓症

    体の深い部分を通る太い静脈の中に血栓(血の塊)ができる病気です。血液の通り道が急激に少なくなるため、脚の腫れやむくみ、痛みが出現し歩行できなくなります。脚を極端に曲げる姿勢を長時間続けたり、寝たきりで脚を動かさない時に起こりやすいことが知られています。近年では地震など災害時の車中泊で発生し話題になりました。さらに、足の血栓が血流に乗って肺の血管をつまらせてしまうと、「エコノミークラス症候群」ともいわれる肺血栓塞栓症をおこし、ひどい場合には突然死の原因になることがあります。
    深部静脈血栓症の治療は抗凝固療法(内服薬、注射薬)によって血栓を溶かし、圧迫療法によってむくみを軽減するとともに新たな血栓ができるのを予防します。

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。