診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

形成外科

    基本情報

    傷や変形をきれいに治すことを主な目的とし、顔や手足など身体表面の、 ケガ,顔面骨折,やけど,あざ,腫瘍,先天異常,皮膚潰瘍,がんの切除・再建を他科と連携しつつ外来診療・手術を行っております。

    対象疾患

    小児先天異常

    口唇裂・口蓋裂、顎変形症、眼瞼の異常、耳介変形(小耳症、埋没耳、立ち耳など)、手足の異常(多指(趾)症、合指(趾)症など

    顎顔面疾患

    顔面骨折などの顔面外傷、悪性腫瘍切除後の再建、顔面神経麻痺に対する動的および静的再建手術、眼瞼の形成外科(眼瞼下垂、眼瞼内反症など)

    難治性潰瘍

    褥瘡、糖尿病潰瘍、静脈うっ滞性潰瘍、動脈性(虚血性)潰瘍、膠原病に伴う潰瘍、放射線潰瘍

    良性皮膚腫瘍、軟部組織腫瘍

    母斑(ほくろ)、脂肪種、血管性腫瘍、脈管奇形

    皮膚悪性腫瘍、軟部組織悪性腫瘍(再建術を含む)
    熱傷、熱傷後の瘢痕拘縮

    傷痕(きずあと)、ケロイド、肥厚性瘢痕

    抗加齢(アンチエイジング)医療

    眼瞼下垂

    その他

    腋臭症(わきが)手術、陥入爪、巻き爪治療

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。