診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

血管外科


  • 部長光岡 明人

現状で確立した医療を提供いたします。

基本情報

日本で唯一の大動脈センターを有する川崎幸病院にて血管外科部長として勤務しておりました。この度、東京品川病院の脈管診療を立ち上げるべく、2018年5月より赴任いたしました。今後とも患者様の「生活の質」を少しでも向上させ、笑顔で生活して頂けるよう全力で診療いたします。 血管外科は胸部から四肢に至る動脈疾患、静脈疾患、リンパ管に関わる疾患を扱う診療科です。「この症状は血管が関係しているのでは?」とお考えになる症状がありましたら、気軽にご相談下さい。
手術室にプレミアムモバイルCアーム(GE Healthcare社)を導入し、血管内治療と外科治療を組み合わせた「ハイブリッド治療」を行うことができるようになりました。カテーテル治療や外科治療のみに固執しない、より安全で低侵襲な医療を提供することをお約束いたします。 当院では放射線血管内治療医、循環器内科医と共同治療するため、ほぼすべての血管外科疾患の治療に対応可能ですが、高度な先進医療が必要な際は、 グループ病院である新久喜総合病院 岡崎幸生先生を中心とした心臓血管外科の先生方の応援や出身医局である東京医科歯科大学末梢血管外科講座へ紹介することが可能な体制を整えております。

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。