診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

歯科口腔外科

  • 福井 暁子
    部長福井 暁子

基本情報

常勤歯科医師2名、非常勤歯科医師2名で、主に地域の歯科医院より紹介いただいた患者さんの口腔外科的疾患治療を中心に、歯科治療を通して地域医療に貢献しています。

主な治療内容

1.全身麻酔手術(入院手術)

東邦大学医学部口腔外科の全面支援の下、腫瘍、外傷、顎変形などの大きな手術から嚢胞、難抜歯などの小手術まで幅広く対応します。悪性腫瘍(口腔がん)に関しても、東邦大学医療センター大森病院との密な連携により、安心して治療を受けていただくことができます。

全身麻酔手術(入院手術)

2.外来小手術

埋伏智歯(親知らず)の抜歯、口腔内の良性腫瘍や嚢胞(膿のふくろ)の摘出術、外傷の整復・縫合、唾石の摘出術など局所麻酔でできる様々な小手術を行っています。手術に伴う痛みや苦痛を最小にするよう心がけており、必要に応じて静脈内鎮静法を使用することもあります。

外来小手術

3.インプラント

インプラントは、地域連携の観点から、かかりつけ歯科では植立困難な紹介患者さんの手術を中心に行っており、上部構造作製はかかりつけ歯科で行っていただきます。かかりつけ歯科で上部構造作製を行わない場合は、当院で対応します。

インプラント

4.睡眠時無呼吸症候群

当院の呼吸器内科、近隣の診療所と連携して、口腔内装置(OA;オーラルアプライアンス)を製作しています。基本的に軽症から中等症の睡眠時無呼吸症候群患者さんが対象となりますが、簡便で良好な効果が得られ、患者さんに好評です。OA使用開始後、治療効果確認のための再検査も必要となります。

5.有病者の外科処置

各種の全身疾患を有する患者さんの外科処置に対応いたします。例えば、抗血栓療法中の患者さんでは、基本的に抗血栓薬(アスピリン、ワーファリンなど)を中止せずに抜歯処置を行います。患者さんに安心して治療を受けていただくことができるよう、入院下の外科処置も行っております。

6.その他口腔外科的疾患

顎関節症、舌痛症、粘膜疾患、唾石症など口腔内のいろいろな疾患に対処しています。特に、口腔がん検診後や歯科医院定期通院中の患者さんの粘膜疾患の疑いのご相談目的の紹介をお受けしております。

7.摂食・嚥下障害

当院入院中の患者さんの評価や口腔ケア・口腔リハビリテーションを行っております。通院・入院リハビリテーションは行っておりませんが、非常勤歯科医師による相談窓口があり、嚥下機能の評価を行うことが可能です。

8.周術期口腔機能管理

当院入院中の術前術後の患者さん、がんに対する化学療法中の患者さんの口腔機能管理・口腔ケアを行っております。退院後はかかりつけ歯科に情報提供を行い、口腔機能管理・口腔ケアの継続をお願いしています。かかりつけ歯科のない患者さんは、品川区歯科医師会員をはじめとするご自宅近隣の歯科医院に紹介させていただきます。

9.一般歯科治療

入院患者さんに限り、一般歯科治療(虫歯治療,義歯調整など)を行っています。

当科の取り組みと治療成績など

2014年の口腔外科的疾患の症例別処置数、及び最近5年間の患者数を示します。

口腔外科的疾患の処置数(外来)
口腔外科的疾患の処置数(外来)
水平埋伏智歯、埋伏歯抜歯 209 顎関節症(スプリント療法) 34
難抜歯 191 外傷 4
抜歯(普通) 246 睡眠時無呼吸症候群(スプリント) 48
歯根嚢胞摘出術 31 インプラント 98
軟組織嚢胞摘出術 12 骨整形 7
口腔粘膜腫瘍摘出術 16 唾石 1
炎症(切開排膿) 26    
過去5年間の患者数の推移(外来、入院患者数は延べ人数)
過去5年間の患者数の推移(外来、入院患者数は延べ人数)
2010 2011 2012 2013 2014
外来患者数 8,221 8,455 7,782 7,893 7,515
入院患者数 80 61 50 70 26
新患数 540 703 671 839 784

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。