診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

外科

  • 井石 秀明
    統括外科部長井石 秀明
  • 朴 成進
    消化器外科部長朴 成進

基本情報

当科では消化器、乳腺の疾患をはじめとする外科診療を行なっております。
手術のみならず外科処置全般、化学療法(抗癌剤治療)も手掛けています。 中でも特にがん診療腹腔鏡手術に力を入れています。

また当院は救急告示病院になりましたので、積極的に救急患者さんを受け入れております。

消化器外科、腹腔鏡手術

消化器外科では食道、胃、大腸、肝臓・胆道・膵臓、ヘルニア(脱腸)などを対象にしています。
特に腹腔鏡手術 [26KB]については、熟練したスタッフと最新の機器をそろえて、患者さんのご要望にこたえています。「小さなキズで負担を少なく」をモットーにしています。
他院と違ってもうちょう(虫垂切除術)も全例腹腔鏡で行っており、胃がん・大腸がんやヘルニア(脱腸)でも腹腔鏡手術を頻繁に取り入れています。
単孔式腹腔鏡手術(SILS)もすでに胆のう摘出術の標準術式として、その他の手術にも多数導入しています。
消化器がん手術も多く、術後フォローアップにおいてもストーマ外来外来化学療法室と連携して一貫して行なえます。

年間手術件数(2017年)
  • 年間手術件数 [227KB]
  • 年間手術件数

    • 年間手術件数:532件
    • 緊急手術件数:140件
    • 腹腔鏡手術件数:191件

    がん・悪性腫よう手術

  • 年間手術件数 [257KB]
  • 年間手術件数

    NCDのデータベース事業について
    施設認定
    • 日本外科学会認定修練施設
    • 日本消化器外科学会認定修練施設

    PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。