病院紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

理念

手には技術 頭には知識 患者様には愛を

基本方針
  1. 高度医療
    学問的に、技術的に高い水準の医療を提供します。そのために必要な施設・設備の整備拡充に努めます。
  2. 総合医療
    患者様と医療情報を共有し、急性期治療から早期リハビリ、在宅医療まで一貫した、患者様のニーズに沿った安全で安心できるチーム医療を提供します。
  3. 地域医療
    地域の医療・福祉施設と密接な連携を図り、いつでも誰でも安心して利用できる、救急医療に重点を置いた地域医療の中核病院を目指します。
患者さまの権利と義務

東京品川病院では患者の皆様に安全で良質な医療を受けていただくために「患者の権利と義務」を以下のように定めました。相互の信頼関係にもとづいた良好な医療環境を保つ為にぜひご協力ください。

  1. 思いやりのある、人権を尊重した医療を受ける権利があります。
  2. 担当医師から症状及び治療方法について説明を受け、良く理解した上で自らの意思に基づき治療方法を選択したり、セカンドオピニオンを求めたり、また治療を拒否する権利があります。
  3. プライバシーを保護される配慮を受ける権利があります。
  4. 医療費の請求書の明細について説明を受ける権利があります。
  5. より良い医療を受けられるよう医療従事者と協力し、積極的に医療に参加する権利と他の患者様や医療従事者に支障を与えないよう配慮していただく義務があります。
輸血に関する基本方針

私たちは輸血を行わずに治療が出来るように最大限の努力をしております。しかしその中で、手術をはじめとした診療中に「生命の危機」が生じることがあります。その際輸血により生命の危機が回避できる可能性があると医師が判断した場合には、輸血を実施する立場をとっています(いわゆる「相対的無輸血」)。輸血を行う場合、輸血に同意して頂くように十分説明をいたしますが、輸血の同意書が得られなくても輸血を行います。
患者さんの中には宗教上の理由などから輸血を拒否される方がいらっしゃいますが、上記の方針は患者さんの年令や意識の有無に関わらず変わりはありません。
当院ではこの「相対的無輸血」の立場で診療を行ってまいりますので、ご理解の上ご協力のほどお願い申し上げます。

セカンドオピニオンに関する基本方針

セカンドオピニオンとは、診断内容や治療方針について、患者さん自らが主治医以外の医師に意見を求めることをいいます。これによって患者さんは自分の受けている診断や治療が適切であるかどうかを判断し、自らにより適した方法を選択することができようになります。
東京品川病院での診療にあたっては、十分な説明と同意に加え、セカンドオピニオンを受ける機会があることをお伝えし、必要に応じてそれをお勧めし、患者さんからの要望があった場合には当院での診療上のデータを積極的に提供することを基本方針といたします。
また、院外の患者さんからの要望に対して、当院医師によるセカンドオピニオンの提供も行っています。

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。